「ほっ」と。キャンペーン
2010年 09月 27日
カヘキリ ワークショップ 申込
大変、申し訳ございません。
現在、カヘキリのワークショップの申込が、HPから出来ない状態になっております。
こちらからお申し込みを頂けます様、何卒よろしくお願い致します。

申込 http://kahekiliworkshop.blogspot.com/
ワークショップ詳細 http://20101024.up.seesaa.net/image/kahekiliworkshop.pd

大変失礼いたしました。
[PR]

# by conversation_blog | 2010-09-27 10:04
2010年 08月 27日
高梁総合文化会館にて
昨日、レネゲイズは、高梁総合文化会館にて、高梁高等学校の吹奏楽部の皆さんとのワークショップと公演を行いました。

始めは若干照れ気味のメンバーと高校生でしたが、30分の練習の後には、生徒の皆さんだけで演奏も出来るように!
初めての国に、初めての人と、初めての楽器
たくさんの初めてが、少しづつ馴染んでいく様子は、いつ見ても心が温まります。

そんな彼らの魅力溢れる公演では、最後には、会場の皆さん総立ちで踊る場面も!
公演は、まだ続きます。
ぜひ、そんな彼らに会いに来て下さいね。

c0207147_7313465.jpg

[PR]

# by conversation_blog | 2010-08-27 07:32
2010年 08月 25日
「レネゲイズ」来日!!
トリニダード・トバゴから、丸一日かけて、「レネゲイズ・スティール・ドラム・オーケストラ」が来日をしました!
暑い日本にへばりながらも、アイスクリームを片手に、岡山の町をウロウロしています。

日本が大好きな彼ら、明日からのコンサートをとても楽しみにしています。
さて、どんな素晴らしいライブを見せてくれるのでしょうか?
[PR]

# by conversation_blog | 2010-08-25 20:10
2010年 07月 29日
スアール・アグン ツアースタート!
バリ島の巨大竹製ガムラン「ジェゴグ」のグループ、スアール・アグンのツアーが盛岡からスタートしました。

ジョゴグについては以前に簡単に書きましたので今回はもう少し詳しく。

ジェゴグは竹で出来ている楽器なのですが、4音階だけで出来ています。
音階があるということは調律が必要です。

竹を調律する。

どうやって調律するかというと、切って長さを変えたり、削ったりして微妙な音程の調整をするんです。

調律の様子です。
c0207147_027196.jpg
c0207147_0272099.jpg



調律をして、リハーサルをして本番を迎えます。

今日は岩手県民会館にて公演でした。


メンバーは力強い素晴らしい演奏を見せてくれました!
c0207147_0355541.jpg

画像がぶれていてすいません。。



ダンサーは綺麗なバリ舞踊を見せてくれました!
c0207147_0371373.jpg



団長のスウェントラさんは言います。

「皆さんは一日のうちにどのくらい楽しい気持ちでいますか?多分10%、多い人で15%くらいじゃないでしょうか。
でも心に余裕を持って、一日のうちにどれだけ楽しむかが一番重要なんです。
現代社会はすべて対価がおカネで判断されて、心や気持ちで判断されません。
でも一番大切なのは心です。
スアール・アグンは心で演奏しています。」


現代の日本人が忘れてしまっている大切な部分がここにはあります。

演奏が上手いとか、下手だとか、いい曲だとか、悪い曲だとか、そういった耳だけで判断できる次元を飛び越えた、心に響く音楽がここにあります。


ツアーは明日も盛岡(いわて生協会員対象公演です。)
8/3(火) 酒田市民会館「希望ホール」(山形)
8/6(金)所沢市民文化センターミューズ(埼玉)
8/7(土)ゆうぽうとホール(五反田・東京)
と続きます。


是非バリ島の美しい文化、心で聞く音楽を体験してみてください!
[PR]

# by conversation_blog | 2010-07-29 00:49
2010年 05月 27日
エポカ・ヂ・オウロ 2日目。
エポカ・ヂ・オウロ 2日目も素晴らしい演奏を披露してくれました!
ご来場いただきました方、ありがとうございます。

6人のメンバーがそれぞれに個性的で、なおかつその力が集まった時に生まれるグルーヴがまたすごいんです。
日本という規律の中では到底生まれようもない、リオ・デ・ジャネイロの本物の音でした。

c0207147_21414493.jpg
c0207147_21415574.jpg




裏話を少し。

そんな奔放な彼らならではの素晴らしい演奏ではあるのですが、実はリハーサルではその分大変でした。。

時間の感覚がゆっくりな彼らにはあまり焦る気がなく、なかなかうまく進まないんです。。

また普段は温厚な御大ジョルジーニョ・ド・パンデイロも、音に関しては本当に厳しく、リハーサルでは別人の顔をしています。
実はリハーサル中にジョルジーニョがメンバーに対して怒鳴る場面があったのですが、その際にパンデイロが椅子から激しく落ちてしまったんです。
そんなこともお構いなしに怒鳴りつづけていたり・・・。

80歳になるとは思えないすごいパワーです。

考え方、感じ方、生き方。
様ざまな要素が音として現れる、本物の音楽でした。

また近い将来の来日公演を望むばかりです。

ライブをみて感動したかたは、是非この感動的ライブをお近くの方へ伝えて下さいね!
[PR]

# by conversation_blog | 2010-05-27 21:55